Cds〜CD・配信音楽のご紹介

ORIENTAL LEAF

CD製作時の楽曲を、配信用にリマスタリング。
オリジナル以外の追加曲として、ハーモニカとの"Danny Boy"も収録しています。
岡村明良自身が「聴きたいと思う曲」を念頭に取り組み、ジャンルに縛られず、ノンジャンルのインストアルバムとして製作されました。
また、それぞれの分野で活躍している大勢の演奏家が参加し、BanjoやGuitarなど多くの楽器を弾きこなすマルチプレーヤーの有田氏を始め、各プレイヤーの演奏も必聴です。
リリース:2019年12月11日

COME TOGETHER

前作 "And I Love Her" から15年振りのビートルズカバーアルバム(20曲入り)。
ギターソロのアレンジに1年半を費やし、シンセ、ドラム、ウクレレも加えて楽しい楽曲に仕上げてます。
リリース:2019年12月04日

And I Love Her ~ビートルズの調べ~

リリース:2009年09月09日

Past '90's Session

渡米していた20代半ばに行なったライヴとスタジオ・セッションの一部を収録しております。
6〜7人のアメリカ人シンガーが入れ替わり参加し、オリジナル曲を含めカントリーからブルース、CFソングまでを収録。
*各音源のノイズ、音圧に関しましては、当時のオリジナル・マスターとの影響がありますので、ご了承下さい。
リリース:2008年11月01日

Good Old Days

’03年に製作した "This Way to Asia" 以来、第2弾にあたる全曲オリジナルを収めたバンド形体の集大成。
今回、ボーカルには、アニタ・ベーカー、ジョーイ・ボーイ等や、マイケル・ジャクソンのプライベート・パーティーにも参加してきた黒人シンガー、Ms.DIAMONDに歌って頂き、ノスタルジックな英語の歌を意図的に取り入れ一味違った雰囲気を出してみました。
また、ジャズ・ピアニストである、広田豊暁氏の参加で、オルガン・サウンドを主軸にした曲も取り入れております。
リリース:2008年07月01日

This Way to Asia

アイリッシュ・ミュージックをベースとしたサウンドを意識したアルバム。 全般的にメローな曲調を多く収録しているが、それとは対照的にセッション感を十分に表したブルースの曲等も収録しております。
リリース:2003年12月01日

My favorite Country Tunes Vol,1.

カントリー・ギターならではのサム・ピック、フラット・ピッキング奏法を意図的に試みたアルバム。 歌入りの曲も含んでいるが、やはり全般的にギター・サウンドの好きな方寄りに仕上げています。
リリース:2003年06月01日

Copyright(C) 2004 - 2020 Akiyoshi Okamura All rights reserved

ページトップへ